2018.06.22 Friday

【今週6/21の大船渡】震災をきっかけにできた末崎町の『居場所ハウス』が開所から5年を迎えました。モーニングワイド‏ @morningwide839

0

     

    今週の大船渡。震災をきっかけにできた末崎町の『居場所ハウス』が開所から5年を迎えました。日中は高齢者の談笑サロンとして夜間は小中学生が勉強する場所として地域で重要な役割を担っている。鈴木軍平館長は「独居世帯への配食や見守り、無料送迎バスの運行等新たな活動を展開したい」と。

     

    2018.06.21 Thursday

    【大船渡】352 雨模様の市日  | まち歩き 終日霧雨。ジメジメした陰気な一日。朝7:25~7:50は集団登校の見守りだ。大きなあくびを噛みしめる小学生、高校生を2,3人見かけた。「折々の記」さん6/20のブログから

    0

       

      352 雨模様の市日

      2018年06月20日 15時24分28秒 | まち歩き

        終日霧雨。ジメジメした陰気な一日。朝7:25~7:50は集団登校の見守りだ。大きなあくびを噛みしめる小学生、高校生を2,3人見かけた。 昨夜のロシアW杯  対コロンビア戦のTV観戦のお疲れだろうか…。
       畑の見回りもできず、気晴らしに盛町の市日に出かける。 雨模様のせいか出店数、人出ともに少ない。出品物もひところの野菜苗、花苗から自家で採れた大根、新じゃがいもや玉ねぎ、葉野菜などに様変わり。太っとい大根が1本100円也。  私の今日の買い物は食用菊苗を10本 400円を300円で、盆花用の帝王貝細工(ムギワラギク)苗  1本30円を200円分7ポット。 

                    
        梅雨空、雨模様の市日。雨対策を施して商売!商売!。 いつもと比べるとさすがに出店数、
       人出ともに少し。

                    
       いつも角っこに店開きする仲睦ましい花屋のご夫婦。珍しい季節の花々が並ぶ。
             
       野菜苗のおばさんだ、自家産のナス、キャベツ、トマトなどの苗が並んでいた。目下お勉強中!
                    
       野菜苗や自家製の梅干しなど並べるおばさん。馴染みの客との話も楽しい。
                    
       商売上手の花屋のおじさん。今日はどんな話でお愛想を振りまいているのかな
                    
        野菜苗や自家野菜のお店屋さんに並んで、「おやっ、珍しいお店屋さんだ!」 。 市内の社会福祉法人の
      福祉・介護なんでも相談承りのコーナーだ。 知り合いだったので、「ブログに載せるので全国区だぞ!」に、「OK  いいよ!」の了承で パチリ!

        今日の大船渡、終日曇り・弱雨、 気温18.6〜16℃、降水確率10〜40%  降水量0〜1(mm/h)、湿度88~95%。
             どんどはれ!

               

      2018.06.19 Tuesday

      【大船渡】「釣りバカ」大船渡集え 7月1日チーム対抗大会「親子や仲間で釣りを楽しんでほしい」と参加を呼び掛ける 岩手日報Webより

      0

         

        「釣りバカ」大船渡集え 7月1日チーム対抗大会

         

         

         

        「親子や仲間で釣りを楽しんでほしい」と参加を呼び掛ける新沼崇久事務局長
        「親子や仲間で釣りを楽しんでほしい」と参加を呼び掛ける新沼崇久事務局長

        2018.06.19

         映画「釣りバカ日誌」にちなんだチーム対抗釣り大会「釣りバカ杯」(実行委主催、金野広充実行委員長)は7月1日、大船渡市で開かれる。同大会は東日本大震災を経て昨年、7年ぶりに復活。実行委は大船渡の海の素晴らしさを再認識してもらおうと、29日まで参加者を募集している。

         同大会は、釜石市でロケが行われた1993年公開の映画「釣りバカ日誌6」の栗山富夫監督の許可を得て命名。震災後初開催となった昨年は、大船渡市内外から約100人が参加した。

         参加費は高校生以上3千円、中学生以下は千円で保護者の同伴が必要。キャッセン内の一部飲食店と事務所にある申込書か、キャッセン大船渡のホームページから申し込める。

        2018.06.17 Sunday

        【大船渡】待望、8年ぶりの海開き 三陸町・吉浜海水浴場、7月22日 震災後初めての海開きが決まった吉浜海水浴場 岩手日報Webより

        0

           

          待望、8年ぶりの海開き 大船渡・吉浜海水浴場、7月22日

           

           

           

          震災後初めての海開きが決まった吉浜海水浴場
          震災後初めての海開きが決まった吉浜海水浴場

          2018.06.15

           大船渡市は14日の定例記者会見で、東日本大震災後利用できなかった同市三陸町吉浜(よしはま)の吉浜海水浴場を開場する方針を示した。海開きは7月22日。市内で震災後に海開きを行うのは、越喜来(おきらい)浪板海水浴場に続いて2カ所目となる。市は海中のがれき撤去や、津波で被災したシャワー施設の整備も行う予定。夏の日常が8年ぶりに戻ってくる。

           遊泳エリアは沖合50メートル、幅100メートル。市が現在整備中のシャワー施設は、木造平屋建て床面積74平方メートル。男女各4室の温水シャワー室、トイレも備える。海開き当日は、吉浜海水浴場で越喜来浪板との合同開設式(市観光物産協会主催)を行う。

           吉浜海水浴場は、震災前年の2010年に1万493人の入り込みを記録した市内随一の人気を誇る海水浴場。震災後は防潮堤整備が続いたが、昨年6月までに工事が完了した。昨年は海中に大量のがれきが残っていたため、市は海開きを見送っていた。

          2018.06.16 Saturday

          【大船渡】351 陽だまりサロンの知人に、「先だっての、サロンの調理実習はブログに載せないの?」と、尋ねられた。  あぁ、ここにもブログの愛読者がいるんだと、意を強くして、PCに向かう。「折々の記」さん6/14のブログから

          0

             

            351 ふれあい料理教室(陽だまりサロン)

            2018年06月14日 14時58分30秒 | 食・レシピ

              陽だまりサロンの知人に、「先だっての、サロンの調理実習はブログに載せないの?」と、尋ねられた。  あぁ、ここにもブログの愛読者がいるんだと、意を強くして、PCに向かう。
              
             6月6日、本年度2回目の下中井地区の陽だまりサロン。今回は公益法人味の素ファンデーションの「ふれあい赤いエプロン」派遣メンバーによる調理実習。
             今日の調理メニューは ▽豚肉と春雨の中華風炒め ▽レタスとかにかまぼこのサラダ ▽トマトとわかめの卵スープ。 メンバーの井澤さんから栄養講話として今日使われる食材等についての説明があった。
              ついで調理室での実習。 調理台ごとの班分け、調理の手順、とりわけ安全、衛生、協力助け合い等についての説明があり、いよいよ実習開始だ!

                          
            公益法人味の素の「ふれあい赤いエプロン」スタッフによる調理実習の進め方の説明
                         
             いつもお世話いただいている 市社協のスタッフの面々
                       
             きょうの 陽だまりサロン参加の皆さん エプロン、ナフキン姿も凛々しく
                      
             さぁ、調理実習の始まりだ。先ず 安全に!、そして衛生的に! 助け合って!
                     
             助け合って、手際よく  配膳直前まで、作業が進んだ。
                     
             いよいよ 会食。 その前に全員で 「は〜ぃ、チーズ!」 みんなニコニコ顔で。

             
              
            今日のサロン参加者は、社協関係者を含めて約30名。 70代後半から80代とはいえ
            日常的に炊事に携わっている面々。加えて指導の宜しきを得て、手際よく作業が進み、豪華な?昼食が程なく出来上がり、みんなで配膳作業をし、そして会食。よく検討されたレシピであり、味付け等の出来ばいも上々。会話も弾み和気藹々のひとときでした。
              カメラのバッテリー切れで、配膳されたごちそうや会食風景を撮れなかったのが残念!

               一切の食材、調味料、そして必要な調理道具等が公益財団法人味の素ファンデーションさんの提供によるものであり、まさに ”おんぶにだっこ” の観ありだったが、食を通じた栄養改善に関する事業や被災地復興支援など世界的規模で展開していることを知り、同法人の取り組みに感銘を深くした一日でした。

                   どんどはれ!

            2018.06.16 Saturday

            【大船渡】ママ支え法人化5周年 NPOこそだてシップ 東日本大震災で被災した大船渡市を拠点に子育てする母親たちを支援しているNPO法人こそだてシップ(伊藤怜子理事長)は法人化して丸5年を迎えた。岩手日報Webより

            0

               

              ママ支え法人化5周年 大船渡・NPOこそだてシップ

               

               

               

              活動報告集を手に、こそだてシップのスタッフらと子育て支援の継続を誓う伊藤怜子理事長(右)
              活動報告集を手に、こそだてシップのスタッフらと子育て支援の継続を誓う伊藤怜子理事長(右)

              2018.06.16

               東日本大震災で被災した大船渡市を拠点に子育てする母親たちを支援しているNPO法人こそだてシップ(伊藤怜子理事長)は法人化して丸5年を迎えた。15日、活動の歩みと支援への感謝を伝える活動報告集が完成。今後も震災時の母子の様子や苦労を改めて伝え、引き続き安心安全な子育てを後押しする。

               報告集はA4判、89ページ。これまでの母子支援活動の様子や助産師による震災時のボランティア体験記、当時育児をしていた母親の声などをまとめた。支援を受けた団体などへの配布を予定している。

               伊藤理事長(74)は母親たちの災害に対する危機感の風化も報告書の制作理由の一つとし「災害の多い地域で子育てをするからには、自分とわが子を守るための備えの重要性に気付いてほしい」と訴える。

               こそだてシップは2008年、大船渡市の助産師2人が始めた母子サポート活動が始まり。震災後も子育て中の母親らの心のよりどころとして支援活動を続けた。

              2018.06.14 Thursday

              【大船渡】今週の大船渡。大船渡防災観光交流センターから佐々木翔さん篏弍蕁この施設は復興エリアの中心施設で、防災と観光の拠点として1日オープンしました。モーニングワイド@morningwide839

              0

                 

                モーニングワイド@morningwide839

                14日。今週の大船渡。大船渡防災観光交流センターから佐々木翔さん篏弍蕁この施設は復興エリアの中心施設で、防災と観光の拠点として1日オープンしました。屋上は500人収容できる一時避難場所に。また、2階は津波伝承館のコーナーもあり普段は市民が気軽に利用できる空間として整備されています。

                View image on TwitterView image on Twitter

                2018.06.13 Wednesday

                【大船渡】学校の枠越えゲームに笑顔 立根(たっこん)町で児童交流 大玉転がし競走を通じて触れ合いを深める気仙光陵支援学校と立根小の児童ら 。岩手日報Webより

                0

                  学校の枠越えゲームに笑顔 大船渡で児童交流 大玉転がし競走を通じて触れ合いを深める気仙光陵支援学校と立根小の児童ら 2018.06.13  大船渡市立根(たっこん)町の気仙光陵支援学校(細川俊一校長、児童生徒73人)小学部の児童14人は12日、同校で立根小(菅野広紀校長、児童193人)の5年生22人と交流学習を行い、障害や学校の垣根を越えてゲームを楽しんだ。  体育館では4グループ対抗の大玉転がし競走を実施。多くの声援を受けながら、両校の児童が手を携えてゴールを目指した。グループ別に電飾を使った「光遊び」やバランスボールゲームなども行い、校内に笑顔があふれた。  光陵支援学校の菊池一颯(いぶき)君(3年)は「友達もできて、大玉転がしと光遊びが楽しかった」と喜び、立根小の吉田陽凪多(ひなた)さんは「みんな元気いっぱいで、もっと一緒に遊びたい」と息の長い交流を誓った。 岩手県 大船渡市 沿岸

                  2018.06.11 Monday

                  【今週6/7日の大船渡】。圍妝贈展演に合わせ大船渡市へ義捐金。丸竹水産、震災後再建も経営困難ほかモーニングワイド @morningwide839

                  0
                    モーニングワイド @morningwide839 今週の大船渡。。圍妝贈展演に合わせ大船渡市へ義捐金。丸竹水産、震災後再建も経営困難。E豕オリンピック「ホストタウン」初会合で、アメリカの救助隊を招いて和太鼓や茶道を通じた交流を続けていることを紹介。1日、大船渡市防災観光交流センター全館オープン。等の話題をお伝えしました。
                    2018.06.10 Sunday

                    【大船渡】350 アスパラ 密植ポットの植え付け  | 野菜づくり    畑区画の別場所に新たにアスパラ畝を作った。一度植え付けると10年以上も収穫が見込めるということは、貴重なスペースを長い期間専有するということ。「折々の記」さん6/10のブロ

                    0

                       

                      350 アスパラ 密植ポットの植え付け

                      2018年06月10日 12時28分45秒 | 野菜づくり

                         畑区画の別場所に新たにアスパラ畝を作った。一度植え付けると10年以上も収穫が見込めるということは、貴重なスペースを長い期間専有するということ。日当たり風当たり、他の野菜との相性など考えると、植え付け場所の選定も大変。
                        
                       いつでもどんな野菜でも種まき、植え付けできるように予め酸度や施肥済みの畝にアスパラを植え付けることにした。アスパラ用に深さ30〜40cmの溝を掘り、自家製の堆肥と完熟鶏糞、油粕一握りを加えて覆土、35cm間隔の植え穴を掘り、植え付け。

                                
                       密植栽培ポット。 1パック120円也✕5パック  
                             
                      予め作りおきの畝に 溝を掘り、堆肥、鶏糞、油粕を敷き込み覆土する。
                                
                       35cm間隔で植え穴をつくり、根鉢が傷まないようにそっと植え付ける。
                                
                       植え付け後、たっぷりと水をやる
                             
                       天候が崩れるとの予報あり、倒伏し土がつかないよう支柱を立てる。

                         

                        急遽の植え付けになったので、畝の場所の設定については、本当にあそこでよかったのかな? とかの迷いもある。 不都合があったら後日活着、成長後のある時点で植え替えすることになるのかな? 野菜づくりも大変だ!
                       どんどはれ!

                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      Selected Entries
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 反響呼びCD再録音 新沼謙治さん「ふるさとは―」 岩手日報から
                        AI (07/15)
                      • 伝えたい!大船渡高校祭、にぎわう 催し多彩に 震災テーマの記録展も  東海新報から
                        新沼春美 (09/05)
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM