2017.07.20 Thursday

【大船渡】さかな? 「蛸丸2号」さん7/19のブログから

0
    2017年7月19日 (水) さかな? /暫く釣行の予定も無く、ちょいストレス? 魚の話題となれば、様子が気になりますが……。 昨年高値に沸いたイワシも、今年は結構漁があり、豊漁のぶるい。 連日、旋網船による水揚げがあり。 こんな年は、ヒラメがいいんだよね〜って話。 青物もいいんだよね。
    2017.07.20 Thursday

    【大船渡】高校野球岩手大会、大船渡東が初の4強 21日準決勝 岩手日報Webより

    0
      大船渡東が初の4強 高校野球岩手大会、21日準決勝  /第99回全国高校野球選手権岩手大会第11日は19日、盛岡市の県営球場で、18日に雨天順延された準々決勝1試合が行われ、第3シード大船渡東が8−5でシード宮古を下し、2008年の開校以来初めて4強入りした。  大船渡東は初回に尾崎龍(3年)の右前適時打などで3点を先制。六、七、八回に加点し、岩城大夢、佐藤飛勇(ともに3年)の継投で、宮古の追い上げをかわした。  この日で4強が出そろい、盛岡大付、久慈、大船渡東の第1〜3シード(春季県大会上位3校)がそろって進出。盛岡四も勝ち上がり、シード校がベスト4を独占した。  20日は休養日。21日に同球場で準決勝第1試合(午前10時)の盛岡大付−盛岡四、同第2試合の大船渡東−久慈(午後0時半)が行われる。  先手必勝、果敢な攻め  今大会は全試合で初回に得点し、主導権を握っている。この日も、試合前にベンチ前で指名された選手が声だしをする「伝統儀式」で盛り上がると、勢いそのままに先制パンチを繰り出した。  一回1死後、2番磯谷柾弥(3年)は「初回が大事なので、なんとか塁に出たかった」と狙い球の変化球を捉えて右中間二塁打で出塁。その後2死二、三塁から、詰まりながらも右前に運び、2者を迎え入れた尾崎龍(3年)は「振り切った結果。試合の入りが大事」と抜群の集中力だった。  今大会4試合目も初回に得点し、立ち上がりから自軍のペースで展開。真下徹監督は「継投を考える上で大きい」と勝利を重ねながら先手必勝のパターンを確立する。  六回はセーフティーバントで走者を出し、4番山崎秀太(3年)の右中間三塁打で加点。七回は一走野々村和樹(3年)が犠打の間に、一気に三塁まで進み、犠飛で生還した。5犠打に足を絡めながら、長打も飛び出す多彩な攻めが光った。  春季県大会で決勝進出を阻まれた久慈と、再び準決勝で相まみえる。2安打2得点の磯谷は「がんがん攻めていくのがチームカラー。久慈戦も初回から攻めて逃げ切りたい」ときっぱり。真下監督は「あとは気力。沿岸の代表として決勝に行きたい」と闘志をみなぎらせた。
      2017.07.19 Wednesday

      【大船渡】休んでました。「蛸丸2号」さん7/18のブログから

      0
        2017年7月18日 (火) /休んでました。 いろいろありまして、休んでました。 今年度のウニ漁も、今朝がおいら自身の初漁。 地区では、6回か?7回?開口になってますがね……。 ヤハリ旨いっつす。 ヤバいくらい。 生と塩ウニ(甘塩仕立て)たまらないです。 次も出漁予定ですが、本業次第で……。 次は、焼きウニか!
        2017.07.19 Wednesday

        【大船渡】赤崎郵便局が本設移転 営業スタート 岩手日報Webより

        0
          【大船渡】赤崎郵便局が本設移転 営業スタート  /日本郵便東北支社(仙台市、中江紳悟支社長)は18日、東日本大震災で全壊し、仮設店舗で営業していた大船渡市赤崎町の赤崎郵便局(吉田満局長)を本設移転し、営業を開始した。  新店舗は仮設店舗から北に約80メートルの場所に立地。鉄骨平屋で延べ床面積は震災前とほぼ同規模の138平方メートル。職員4人体制で、座りながら保険サービスの相談ができるローカウンターの窓口を新たに設けた。  県内の郵便局は49局が被災し閉鎖に追い込まれたが、仮設も含め39局が営業を再開。8局が新築の本設店舗で営業している。
          2017.07.18 Tuesday

          【大船渡】えっ、ポトフだって | 食・レシピ この暑いさなか、差し歯が痛み出し、食べ物を噛み砕けず難儀をしている。「折々の記」さん7/16のブログから

          0
            290 えっ、ポトフだって 2017年07月16日 14時54分13秒 | 食・レシピ   /この暑いさなか、差し歯が痛み出し、食べ物を噛み砕けず難儀をしている。朝食時に見かねた連れ合いが、「今日はポトフだ!と宣って、早速炊事を始めた。「ポトフって何だっけ…」との問に、「野菜のごった煮だべ!」とのこと。      朝食の献立:ポトフ?、野菜のサラダ、ナスやニンジンの煮付け、生ナス、ショウガの刻み      ポトフだって?      野菜のサラダ      我が家の夏の定番:生ナス、みょうが、青南蛮(少々)、モロヘイヤなどを刻み、麺つゆや醤油で味付けをする。至極簡単、ピリッとして季節感あり。 ポトフはフランスの家庭料理のひとつで、 「火にかけた鍋」の意。牛肉や 鶏肉、ソーセージなどの肉類と、大きく荒く切ったニンジン、タマネギ、カブ、セロリなどの 野菜類を、長時間かけてじっくり煮込んだ料理。 スープは食塩 ... と理解しているが、我が家の場合は少々違うらしい。野菜を小さめに切り、肉、ソーセージを加え、コンソメで味付けをして煮込むらしい。 それでも味がじっくり染み込んでスープとしてはまあまあ合格の部類か? このブログは家内の目に触れえると大目玉ものだな?   どんどはれ!
            2017.07.18 Tuesday

            【大船渡】昼食でひと休み 「日々想々」さん7/12のブログから

            0
              昼食でひと休み /普段はあまり昼食は取らないが、次の仕事まで時間が空きすぎたので、休憩と昼食を兼ねて、ショッピングセンターでひと休み。 image 復興工事関係者による、一時の賑わいも消えて、工事関係者らしき姿はあまり見かけません。 外気温は30度を越えているので、この中は涼むには最適です。
              2017.07.18 Tuesday

              【津波てんでんこ】給食で心にも栄養を 大船渡市猪川町 栄養士 佐藤さん(45)岩手日報Webより

              0
                給食で心にも栄養を 大船渡市猪川町 栄養士 佐藤 美香さん(45) / 母校の大船渡中の生徒に給食を提供している。東日本大震災当日は別の小学校で炊き出しを行った。調理場が使えず、被災した自宅があった大船渡町の様子も分からない状態だったが、一生懸命に取り組んだ。震災を経て給食作りに取り組む意識も変わり、復興に向かって日々頑張っている子どもたちに体だけでなく心にも栄養を与えようと思いを込めている。
                2017.07.13 Thursday

                【大船渡⇔相模原】神奈川土建相模原支部の【復興支援住宅デーin大船渡】モーニングワイド @morningwide839 7/12今週の大船渡。

                0
                  モーニングワイド @morningwide839 /今週の大船渡。神奈川土建相模原支部の【復興支援住宅デーin大船渡】8日、大盛況のうちに開催!38人のメンバーが模擬店、工作教室、理美容サービスなどで交流を深めました。原執行委員長は『顔見知りになった人もいて一層親しみが湧きました。来年も求められる場所があれば継続したい』と。
                  2017.07.13 Thursday

                  【大船渡】碁石海岸インフォメーションセンターのホームページ 「もりこ」さん7/13のブログから

                  0
                    碁石海岸インフォメーションセンターのホームページ NEW!2017-07-13 16:19:48 テーマ: 店舗 施設 今日の東海新報に掲載された記事より /碁石海岸インフォメーションセンターが、専用ホームページを開設したとのこと。 観光、イベント、キャンプ、周辺情報、施設案内、アクセスの各ページを設け、碁石のさまざまな情報を発信しています。ご活用ください。 碁石海岸インフォメーションセンターhttp://goishi.info/
                    2017.07.13 Thursday

                    【大船渡】避難所運営へ心構え 小中が合同訓練 岩手日報Webより

                    0
                      【大船渡】避難所運営へ心構え 小中が合同訓練  /大船渡市の大船渡中(佐藤謙二校長、生徒178人)と大船渡小(長沢敏之校長、児童159人)は12日、地震と津波を想定した合同避難訓練を行った。大船渡中の生徒は避難所運営の際の役割分担を初めて体験。協力しながら自主的に役割を決め、災害時の避難者への迅速な対応を意識づけた。  訓練は震度5弱の地震が発生し、津波警報が発令されたと想定。小学生は校庭を横切って高台の大船渡中を目指して坂を上り、同校中庭に集合した。  中学生は体育館で避難所運営を疑似体験。自宅がある町内15地区に分かれ、それぞれ連絡、炊事、宿泊、衛生、医療など各係の係長と副係長を決めた。  大船渡中は災害発生時の第2避難所に指定されており、東日本大震災の際も多くの住民が体育館に避難した。合同訓練は今年で3年目だが、避難者であふれかえる避難所での迅速で正確な運営の実現のため、初めて役割分担の訓練を盛り込んだ。
                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      Selected Entries
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 反響呼びCD再録音 新沼謙治さん「ふるさとは―」 岩手日報から
                        AI (07/15)
                      • 伝えたい!大船渡高校祭、にぎわう 催し多彩に 震災テーマの記録展も  東海新報から
                        新沼春美 (09/05)
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM