<< 【今週の大船渡】大船渡市末崎町の鮮魚店『シタボ』の村上さんと電話で。今年のさんまの初水揚げの話題。100トンクラスの大型船2隻で23トンの水揚げ量との事。サイズも小ぶりでシタボでは加工用のみで「直送便」にはまだ使わないそう。9/5日モーニングワイド @morningwide839 | main | 【大船渡】朗希、痛い世界デビュー 野球U18W杯、まめの影響で1回降板 韓国戦に先発し、1回無失点に抑えた佐々木朗希。右手中指のまめが悪化して降板した=韓国・機張 岩手日報Webより >>
2019.09.06 Friday

【大船渡】米国クルーズ船、大船渡にやってくる 来年9月、県内2港目 来年大船渡港に寄港することが決まったクルーズ船「スターブリーズ」  大船渡市で初めてとなる外国クルーズ船が2020年9月、大船渡港に寄港することが決まった。岩手日報Webより

0

     

    米国クルーズ船、大船渡にやってくる 来年9月、県内2港目

    来年大船渡港に寄港することが決まったクルーズ船「スターブリーズ」
    来年大船渡港に寄港することが決まったクルーズ船「スターブリーズ」

     大船渡市で初めてとなる外国クルーズ船が2020年9月、大船渡港に寄港することが決まった。米国の船会社ウインドスタークルーズが運航する「スターブリーズ」で、県内の外国客船の寄港は宮古港に続き2港目となる。同市は視察受け入れや商談会への参加など外国客船誘致に向けた取り組みを進めてきており、念願の寄港決定で地域活性化へ期待が高まる。

     船会社の販売代理店セブンシーズリレーションズ(東京都)によると、スターブリーズは今秋から拡張工事が行われ、拡張後は乗客定員312人。総重量1万2995トン、全長159メートル、全幅19メートル。県内への寄港は初めてとなる。

     8〜9月にかけて米国アラスカ州や日本国内などを巡るクルーズの一環で、大船渡港には9月8日に寄港。大船渡市の碁石海岸観光や、被災地視察のツアーなども計画している。

     同船会社の客船は約9割の乗客が米国人で富裕層が多い。大船渡への寄港で観光や飲食、土産物購入などによる地元への大きな経済効果も見込まれる。

    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recent Comment
    • 反響呼びCD再録音 新沼謙治さん「ふるさとは―」 岩手日報から
      AI (07/15)
    • 伝えたい!大船渡高校祭、にぎわう 催し多彩に 震災テーマの記録展も  東海新報から
      新沼春美 (09/05)
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM